ハイネケン

オランダ、スキポール空港。

ハイネケンのバーはあるし、寝る場所はあるし、本屋もあるし、6時間のトランジットもひじょうに楽しい。

オランダ人は、とにかくデカイ!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

久しぶりの野宿 午前1:30の鐘の音 ジュネーブ

10/4 22:30 バスでジュネーブ空港に到着。ここの空港は24:00に一旦、閉鎖となるので、電車に乗って、ジュネーブの中央駅へ向かう。
下調べしたところ、スイスの、そしてジュネーブの物価はおそろしく高い。駅前のホテルで一泊20000円が最安。

駅前の飲み屋で、朝まで飲もうという計画だった。

中央駅周辺はあまり治安が良くないらしい。それは見た目と空気感でわかる。

駅出口から5分ほど行ったところにPUBを発見。10/5時刻00:30、テレビでオーストラリアンフットボールをやっていて、それは客の誰も観ていない。


よし、この割と平和なパブで朝まで、と思っていい気分で酔っ払い始めたところ、

チリンチリンチリン

バーカウンターの中のお兄さんが、鈴を鳴らし始めた。時刻01:30。がーん、どうやら閉店の合図みたいだ。奥でテーブルに突っ伏して寝ていた客もゾロゾロと店の入り口へと向かう。

店の前に出て、さあどうするか。ネット環境も地図もガイドブックもなし。

久しぶりに変な汗が出て来た。

空港のオープンが4:00、空港行きの始発電車が4:45。

駅ももう閉まっている。
しばらく歩き、駅の反対側に渡り、ホテルや住宅街がある割と閑静なエリアに公園を見つけた。

木陰に、人に見つからなさそうな場所を見つけ、自分の荷物の上に横になった。1時間ぐらいウトウトと眠ったけど、寒すぎて身が冷める。なかなか過ぎない時間。静かに時を待つ。久しぶりだな、こういう感じ。

4:30 駅に向かう。ルンペンのお兄さんに、2ユーロくれとせがまれる。

4:45 始発電車に乗り込む。電車の中、あたたかい、幸せ。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

アルゼンチエレ

シャモニのinter sports でレンタサイクルして、アルゼンチエレまで。

アルゼンチエレまではほぼ上り坂なので、往路は1時間半ぐらいと苦しいが、復路は下り坂40分程度。


アルゼンチエレの氷河を遠くに眺めて、ヘリで資材運んでいるところを見学したりした。

アルゼンチエレのビストロで、カフェとレモネード。

シャモニに戻り、夕食はケバブスタンド。

21:30のeasybusで、ジュネーブエアポートへ向かう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

プラン・ド・レイギュイール

9:30 ロープウェー山麓駅スタート
もくもくと歩き標高を上げていく。シャモニの街並が足元にどんどん広がっていく。


3時間ほどで中間駅に到着。
山小屋でワインをグラスで注文したら、なみなみと注いでくれて、けっこういい気分になってしまった。

その後も氷河を眺めながら、モンブランを遠くに見つめながらトレッキング。

まとまった地域に、切り立った岩山・氷河。これがヨーロッパアルプスなんだな。ロッククライミングで、自分の可能性をもっと広げたい。あの人たちが見ている景色を自分も見たい。と強く思った。

夕食は、ラクレット。電熱器を近づけたり、遠ざけたりして、チーズを溶かすという何とも不思議な食べ物だった。農耕民族の私には、胃に重たすぎて、出された3分の1も食べきれなかった。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

フランスの鉄道

パリ-リヨン-シャモニは鉄道での移動だった。

実は隠れ鉄道マニアでもあるので、しかっりと写真は収めてある。

特急日本海の廃線はひじょうに残念だった。秋田で暮らしていた2年間、帰省で何度か乗ったけど、ああいう旅情も少なくなっている。

寝台列車の旅がいちばんおもしろかったのは、世界最長のシベリア鉄道で、6泊7日もかかった。あの旅で、そぎ落とされたものは多かった。笑


 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

映画誕生の地 リヨン

リヨンでかねてから訪れたかった、リュミエール博物館。映画発祥の地である。


カトリーヌ・ドヌーブもリュック・ベッソン、ジャン・レノもフランス人。映画を作ったリュミエール兄弟は偉大だ。

朝、川沿いのマルシェで、生ガキ屋台を発見。

いくつ、食べる?

Two!

オッケー、two プレートだな!

いや、twoプレートは無理、oneプレートでお願い!

という風に、2個という感覚はないらしい。


とにかくこの牡蠣が美味かった!フランスに来て食べたもので1番うまかった。感激。
旧市街の路地も、カフェもバーも、ホテルも楽しかった。ベトナム料理もトルコ料理もうまかった。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

パリ

久々のヨーロッパ旅。

パリの街をエンジョイしている。

今回初めてairbnbを使ってみて、民泊をしている。

これは本当に画期的な、旅のスタイルを大きく転換させるシステムだと思う。

旅先で、現地の生活をもっと身近に感じたいと思っている人にはひじょうにおすすめです。


そして、友人の大農場にも連れて行ってもらい、フランスの農園の仕組みなどいろいろ見学させてもらった。

泊めてもらった部屋に、ポルノ女優のポスターがずらり並んでいて、落ち着いて寝られなかった笑

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ