カテゴリー別アーカイブ: イベント

吉野川源流 2017秋 チームテイケイ

ラフティング男子日本代表のチームテイケイさまのガイドで、吉野川源流へ行ってきました。

2017年10月に、ラフティングの世界選手権が日本で初めて開催されます。

ラフィティング世界選手権2017
古巣の吉野川での開催を心から楽しみにしていました。

そこへ日本代表のチームテイケイさまから、願ってもないご依頼をいただきました。

研修の一環として、大会前に吉野川源流を訪ねたい、と。

川への日頃の感謝と、必勝祈願。

2017年9月21日木曜日 晴れ

3日前に台風が襲来して、水かさは増していましたが、そのおかげで今まで以上に透き通ったブルーの水。


いつも水の青さに驚きますが、今回はそれ以上の水の純粋さ。この青さに感動します。
徳島から高速自動車道で、愛媛県西条市まで。そこから国道、県道をひた走る。終盤はダム湖横のクネクネ道、最後は未舗装の林道を走り、ようやく登山口へ到着します。そこから歩いて2時間で、源流点。

とにかくこの遠さに、この場所の魅力の1つはあります。四国の中心部にあり、もっとも時間をかけないとたどり着けない場所の1つであろう。

この便利な時代にあっても、時間をかけないと辿りつけません。そしておそらくこの先も、この時間がこれ以上短縮することはないであろう。


あたりまえなのですが、とにかくタフな方々でした。

寒いし、冷たいのに、水に入る!


男たちの背中がたくましすぎる!


沢を軽々と越えていく!

濡れることなど、おかまいなし!


元気!


トップアスリートの方々との交流、大変勉強になりました。

世界選手権のご活躍を心よりお祈り申し上げます!

ありがとうございました。

広告

吉野川源流の取材ガイド

秋にこの場所にやってくるのは久しぶりです。
今回の吉野川源流ガイドは、広告代理店の方の取材で源流点まで向かいました。
源流域の自然と源流点の撮影が一番の目的です。
源流の紅葉も淡い色づきで、素晴らしいグラデーションでした。今年の紅葉はいまいちという地元の方の見解でした。
しかし同じということはないので、今年、今日、そしてこの瞬間しか見られないということを感じることができました。
さて毎年要望してきた甲斐があったのか、一部、登山道の修繕が行われていました。
崩落した斜面の修復や古くなった木橋の掛け替えなどです。
しかしまだ一部ですので、木が登山道をふさいでいたり、岩が崩れ落ちている部分などまだまだありますので、注意が必要です。
写真撮影の都合もあり、朝早くに出発したので、往路復路ともにゆっくりと進むことができました。
古く大きな森の紅葉は、言葉にできない美しさです。いつまでも見ていたいです。
見とれている人に言います、「寝袋貸しましょうか?ここでご一泊どうぞ」
倒木の上で足を滑らせて沢に落ちるハプニングもありましたが、元気に無事に撮影取材完了です。
ありがとうございました。

7:00 柊を車で出発

7:40 吉野川源流登山口出発

10:15 源流モニュメント到着

11:00 下山開始

13:00 登山口ゴール

4日間歩きまくったW源流ツアー

2016年国民の休日「山の日」制定を記念して、今年の吉野川源流ツアーは4日間の開催となりました。
吉野川源流、仁淀川源流、石鎚山系を歩きまくった4日間となりました。

day1 8月11日(木)
足慣らしに伊予富士への縦走をしました。
東黒森から伊予富士まで気持ちよい稜線歩きです。
尾根にあがると、気持ちよい山の風が吹き抜けてきました。

1

day2 8月12日(金)
真夏の吉野川源流へ。
何度、そしていつ訪れてもこの森の奥深さにほれぼれします。
源流モニュメントには早い時間に到着できたので、奥にある滝の上部までのぼりました。
滝の手前で鹿の角を発見!
源流のある沢「白猪谷」の語源とも言われている、植物の謎にも迫りました。
帰路は、真っ青な深い淵に飛び込んで泳ぎました。真夏だというのに、水の冷たさ!!
夜は、地元特産の軍鶏すき鍋。

2 (2)

day3 8月13日(土)
仁淀川源流へ、二日続けての源流行です。
仁淀川は明確に定められた源流点はないのですが、石鎚山の標高の高いところから流れ出る御来光の滝を目指しました。
(石鎚スカイラインの御来光の滝展望駐車場から、100メートルほど行ったところに道(登山道とは言えないほどの踏み跡)の入り口がありますが、わかりづらいので注意してください)
こちらも沢をのぼりはじめるとすぐに深い原生林になりました。
七釜の水は、驚くほどの青さです。これが仁淀ブルーです。
標高があがるにつれて、のぼりもきつくなり、岩も大きくなります。
御来光の滝の真下まで行って、水浴びをしました。寒いぐらいです。
帰路、沢水で冷やしたアイスコーヒーの美味しかったこと。
宿への帰路、車の前方を横切る2つの大きな黒い影。ツキノワグマを目撃し、地元新聞にも掲載されました!
宿の道の駅木の香に戻ると、温泉に入って疲れを癒しました。

3 (2)

day4 8月14日(日)
最終日もがっつりと縦走です。
桑瀬峠から寒風山、稜線を歩き笹ヶ峰へ、丸山荘を経て下山。
寒風山の岩や尾根道の笹原、瀬戸内海の景色など、石鎚山系の尾根は本当に気持ちがいいです。
山から下りて、加茂川の芋炊きにも参加してきました。

4

とにかく4日間、よく歩きました。石鎚山系制覇する勢いです。
ご参加いただきありがとうございました。

2016歩き初め 六甲山縦走

年が明けて正月3日、久々のバリカタツアーの開催。
阪急芦屋川から歩き始めた。正月とは思えない陽気で、想像以上にハイカーがいる。

芦屋ロックガーデンを登る時には、正月とは思えない、強い陽射しを背中に受ける。私は半袖になり、汗ダラダラ。

風吹岩で、大きなイノシシと遭遇。急ぎ足で、岩陰に逃げて行きました。もしもイノシシが突進してきた場合は、木にのぼること。とにかく駆け上がること。笑

  
さすがバリカタ。3時間で六甲山山頂まで来た。ほぼ休憩なしで、かなりの早いペース。

山頂でお昼ごはんとコーヒータイム。

  
今回の豆は「ブラジル」。酸味と苦味のバランスがよい。山で飲むと何でも美味しい。
休憩もそこそこに、摩耶山に向かって歩き始める。車道と登山道が次々に交差。時折、見える神戸の街並みは、ずいぶんと高度感がある。こんなにも歩いてきたのか、こんなに登ったのか、と自分たちの足取りをしっかりと感じる。

   
   
六甲山の山歩きのすごいところは、この高度感だと思う。ほぼ海抜0メートルに近い阪急やJRの駅から、一気に山に駆け上がる。高くても900メートル程だが、振り返って景色を見た時に、こんなに登ったのか、とけっこうな感動がある。
摩耶山に到着したところで、再びコーヒーブレイク。

 そして夕暮れ、日没が迫っている。しかしバリカタはバスにも、ケーブルカーにも乗らない。

阪急王子公園までを、一気に駆け下りる。最後はトレイルランだった。摩耶山までもけっこう歩いたけど、この下りのランで、またアドレナリンが噴出して、気持ちよかった。気温はけっこう下がってきたけど、なぜか駅前で、半袖で汗ダラダラかいている私。笑

山を振り返ったら、すっかり夜の帳が下りていた。しっかり日没まで歩いて、走った。

ご参加いただきまして、ありがとうございました!  

2015秋のツアー make a sekaichizu

秋のツアーのスケジュールが決まりました!

奥多摩秩父を遊び場に、森と山へLet`s Go!

1.バタンキュー! 体力系 雲取山 日帰り登山

2015年10月24日(土)


山頂や尾根道には特別な空気があるように思います。尾根道に抜けた時のあの開放感。雲取山の尾根道の登りは、まさに心臓破り。でも、あの山頂から歩いてきた尾根道を振り返った時の心地よさは、いつまでも忘れられません。

http://makeasekaichizu.com/barikata/kumotori.html

12112030_849010405220494_8230256394127491450_n.jpg

2.森のキャンプ講習会はじめます!

2015年10/31-11/1日(土日)


自由自在にどこの場所でもキャンプできるようになると、自由度が増す!「自分で荷物を担いで、森とか山の中にキャンプに行ける!」ように技術的なことに焦点をあてた2日間です。ワイルドな森で過ごす夜は、寒くて不安で心細いかも知れません。でも朝の静かな時間や、温かい食事に満足した時に、自然の中で過ごすことの心地よさを感じることが出来ます。

http://makeasekaichizu.com/forest/camplesson.html

 12003170_836672623120939_5518967526058438501_n.jpg

3.もっとも森の香りがする季節!「紅葉の森歩き in奥多摩」

2015年11/3日(祝)


落ち葉でふかふかになった地面。森に行って、歩く。見る、探す。するといつの間にか、体の奥からわきあがってくる元気。これは「野生」じゃないかなと思います。笑 林道歩きから始まる奥多摩の森歩き1dayです。体が慣れてきた頃に、原生林の中に入ります。

http://makeasekaichizu.com/forest/karamatsu.html

 11030382_10152888123322029_1678719307795444600_n.jpg

4.秩父>縦走!甲武信ヶ岳、雁坂嶺、 破風山、 木賊山

2015年11月7~8日(土日)


山歩きは、長ければ長いほど自分の中に残るものが多いです。荷物は重たいし、ルートや天候に不安になることもあります。果たして自分はやれるのだろうか、と。だけど成し遂げたときの満足感は何にも代え難い物があります。体の疲れがとれたころに、わきあがってくる思い、「また山に行きたい」。もう病みつきになります。

http://makeasekaichizu.com/barikata/bukou.html

 kobushigatake.jpg

5.冬季限定「ちょっとワイルドなダッチオーブン会」

2015年11/14日(土)


落ち葉でふかふかになった地面。森に行って、歩く。見る、探す。するといつの間にか、体の奥からわきあがってくる元気。これは「野生」じゃないかなと思います。笑 林道歩きから始まる奥多摩の森歩き1dayです。体が慣れてきた頃に、原生林の中に入ります。

http://makeasekaichizu.com/dutchoven.html

 12083618_850837341704467_1581858010_n.jpg

6.ロープで木登りしてみよう!「奥多摩 森歩き&ツリーイング」

2015年11/15日(日)


木にのぼっている時の高揚感、緊張感。木登りはいろんなワクワクを教えてくれます。
そして秘めている身体能力に気付いた時の感動。体の使い方が「わかった!」っていう瞬間がやってくる時があります。その瞬間の感動を、忘れることはありません。その感動を体験してほしい、沢山の人と共有したいです。

http://makeasekaichizu.com/tree/treeclimeokutama.html

10462882_622086317913302_942803959698394016_n.jpg

【募集】「木のぼり体験」イベント10/17!! 狭山市稲荷山公園

稲荷山公園の森で、木のぼりイベントやります!

講師として呼んでいただいています。

残席わずか、お早めにどうぞ!

「木のぼり体験イベント」10/17 稲荷山公園

この日は、第5回 INARIYAMA FESTA が開催されるので、JAZZやマルシェ、カフェでにぎわいますよ!


ロープで木登りしてみよう!「木登り体験」イベント10月17日(土)

ロープで木登りは、専用のハーネス、保護具を使って安全に行います。
木や森と自然との一体感を味わいましょう!

日時 10月17日(土)雨天順延10月18日(日)
Ⅰ部 10:00~12:00 6名限定
2部 13:30~15:30 6名限定
対象 6才以上大人も可

予約は稲荷山公園管理事務所 04-2955-3228まで(先着順)
受付中

木登り体験フライヤー

日時
2015.10.17(土)[13:30~15:30(受付1部 9:45~ 2部 13:15~)]
場所
稲荷山公園(埼玉県狭山市) 管理事務所前集合
参加費
1,500円
定員
各6名

持ち物:長袖、長ズボン、運動靴、帽子、軍手

931六甲山

東六甲縦走バリカタツアー、行ってきた。8/1

「真夏のこの暑さで山歩きは・・・」と思うかもしれないが、歩き通した時の充実感が、この暑さならでは。

早朝の阪急芦屋川駅は、トレイルランナーでにぎわっている。

この暑さで歩くだけで汗だくになるのに、走るとは。しかも山を走るわけだから、すごい。

いまだにやってみたい、と思えないものの一つがトレイルラン。山は歩くだけでしんどいのに、走るとは。その体力と言うかフィジカルに敬服するばかり。

芦屋ロックガーデン、吹雪岩までの登りの区間が、日陰も少なくとにかく暑かった。

芦屋カントリーまでくれば、登り傾斜もゆるく、木陰がほとんどなので、どんどん歩き続けられるハイ状態に突入した。

ところが沢があらわれたので、着の身着のまま水に飛び込んだ!火照って疲れた体が生き返ってくるのがわかる。

IMG_3365

IMG_3385

でもいったん水に浸かってしまうと、もう動きだすのが億劫になってしまった。

その後ゆっくり歩いて、六甲山山頂931メートル。

一軒茶屋で昼食にして、再スタート。

1時間ほどくだって、天下の有馬温泉へ。温泉に浸かり、明石焼きとサンショウが入った有馬焼きと地元ビールを飲み、最高の山旅。

ありがとうございました。