映画『ブルックリン』

1950年代、アイルランドからアメリカに渡って来た一人の女性の人生を描いている。

たった一人での生活がもたらす人間としての成長。それと純愛が美しかった。

失恋する男性役にドーナル・グリーソンが出て来て、それもこの映画推しの1つ。
「友達と接するように、お客様と接しなさい。そうしたら、また来たくなるのよ。」というデパートの売場の上司のアドバイス。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中