くろがねカレー

念願のくろがね小屋に行ってきた。もちろん安達太良山もずっと行きたかった。

「ほんとの空」があるらしいので、見たかった。


小屋より上部の紅葉は終盤、晩秋という趣き。あだたらスキー場から自然遊歩道付近が紅葉の最盛だった。

1日目はくろがね小屋まで。楽しみにしていた小屋。

なんと掛け流しの温泉がある。山を歩いて汗だくになって、しかも寒くなってきたこの季節、温泉に入れるなんて最高じゃないか。普段、山小屋泊はほとんどしないんだけど、温泉があるというこの小屋は泊まってみたかった。

建屋も歴史を感じさせる趣き。

夕食の名物カレーもうまい!(三杯も食べた)

朝食もうまい、特に味噌汁!(白飯三杯もおかわりした)

そして何よりも温泉。湯の花がたっぷりで、産まれたばかりのお湯という感じがする。湯舟の青森ヒバもいい味を出していて、気持ちよかった。1日の歩きの疲れが吹き飛んだ。

あだたらの くろがね小屋の カレー臭

二日目は朝からガスに覆われ、霧雨。

安達太良山頂まで上がったが、ガスのため視界なし。

それでも多くの登山者とすれ違った。

火山ならではの風景、尾根沿いの草も生えない岩石ばかりの道。これもまた寂寥感たっぷりだった。

この日は「ほんとの空」は見られなかったけど、あだたらの山の空気に魅了された。

温泉山小屋泊の極上の山旅だった。

山小屋のスタッフさんと話していて、カルチャーショックだったのは、「安定」を求めてこの仕事に就いたという。

傍目から見れば、山小屋の小屋番の仕事は、とても「安定」という部類には分類されないように思うけれど、見方によってはそうかもしれない。


安達太良の嶺に伏す鹿猪の ありつつも我れは至らむ 寝処な去りそね

万葉集

コースタイム(参考)

10/21 1日目

13:35 あだたら自然歩道スタート

15:00 勢至平 10分休憩

15:50 くろがね小屋到着

10/22 2日目

8:10 くろがね小屋出発

9:00 峰の辻

9:38 安達太良山山頂 15分休憩

10:50 仙女平分岐

11:20 あだたらスキー場山頂リフト乗り場 ゴール

広告
カテゴリー: 旅行 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中