小川山とサワモタシ

ちょうど一年前に〜、鳥取環境大学の雑草一花のみなさんに森の講義室に呼んでもらった。

そして約1年ぶりにそのメンバーの大樹くんから電話があり

「キノコ採りに行こう!」

とのことで、キャンプ道具持って小川山に集合!

鳥取から長野まではるばる、やってきてくれた。山梨の友人、大輔くんも合流。

大学四年生の彼ら、21歳。私、35歳。大輔くん31歳。

何ともアンバラスだけど、呼んでもらえる喜び。ありがとう。

   

小川山は、長野県川上村にあり、かなり行きにくい。奇岩が林立しており、「日本のヨセミテ」と呼ばれ、クライマーの聖地になっている。紅葉真っ盛りの、小川山で2泊キャンプ。

廻り目平キャンプ場は、自由な空気が漂っていて、本当過ごしやすい。

今回は、キノコ狩りが一番の目的で、食べられるやつを教えてくれと言われていた。

  
結果的に、サワモタシ(ナラタケ)が食べきれないほど採れた。夕食に、キノコ鍋にしてたらふく食べた。
ところが、朝方5時ごろ、めっちゃお腹が痛くなって寝袋から飛び起きた。「やべー、キノコに当たった」と思って焦ってトイレに駆け込む。出るものが水みたいになってる。

みんなのことが心配になったので、焚き火のところにいって火を起こして、起きてくるのを待つ。6時になっても起きてこない。7時になっても誰も起きてこない。「もしかしてみんなテントの中でくたばった?」と思って、焦ってたところで、1人また1人と起きてきた。

誰も腹は壊していないそうなので、ただ単に俺が腹を冷やしただけらしい笑

キノコたくさん食べて、酒もたくさん飲み、友と語らい楽しかった小川山!

  

広告
カテゴリー: 旅行 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中