ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

今週も素晴らしい映画に出会った。

1.『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
スティーブン・ダルドリー監督
父親を亡くした少年が、人との出会いを通して心を成長させていく。人と出会うことの大切さを教えてくれる。偶然や愛を信じることができる。

それから昔観た映画も気になって。
2.『プラダを着た悪魔』
メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ主演
テンポの軽快さ。仕事を通して、人は成長していくことができる。

3.『マトリックス』
ウォシャウスキー兄弟監督
公開当時(1999)は、ほぼアクションを見てただけな気がするけど(笑)、ストーリーに込められている意味が深かったんだなと。色あせないよね。

こちらは劇場で

4.『ナイトミュージアム3』
ベン・スティラー主演大いに笑わせてもらった。
おそらくロビン・ウィリアムズが出演するのはこれが最後だろうから、3で終わっちゃうのかな。
このシリーズのすごいところは、ベン・スティラーは、いたって真面目な役だというところだ笑

広告
カテゴリー: 趣味 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中