森の子ども冒険教室

5月連休最後に、森の子ども冒険教室を開催しました。

前日、子どもたちにあれを教えてあげよう、これを伝えたいと意気込んでいたぼくですが、あることをすっかり忘れていました。それは、自然の中で時間を過ごすこと、それ自体が教室だということです。教える必要などありません、子どもたちが持っている感性で、勝手に学びます。むしろ教育的な言葉は邪魔物ですらあります。

火をおこし始めたら、子どもたちは興味深々でした。やり方を、みていないようで、しっかり見ています。朝方まで雨が降っていたので、木や枝、葉などが湿っていて、火がおこりにくくなっています。それでも、「自分の火」をおこすために、あれやこれや工夫を凝らしていました。

ぼくが伝えたいこと、それはあるもので「工夫」することです。

 

そして森の探検に出かけて、子どもたちが考え出した遊びは、「崖の石転がし」です。10メートル以上下の沢に向かって、石を投げたり、転がしたりするだけなんですが・・・。ゴロゴロゴロといって、沢にバッシャーン。その瞬間、子どもたちは大爆笑するんです。まったく何がおもしろいのかわからないのですが、何しろ子どもたちは大爆笑しています。それも何度も何度もやって、大爆笑。

とにかく子どもたちが楽しそうにやっているのを見て、こちらも大爆笑でした。

 

森の時間はあっという間に過ぎてしまいました。

子どもたちが調理した鶏の丸焼きも美味しかったですし、沢の水を飛び越えて川の向こう側に行ってみたり、流れ出しきている沢水をちょっとなめてみたり。いろいろチャレンジしてみて、経験してみること。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

20140521-141440-51280754.jpg

20140521-141440-51280650.jpg

20140521-141440-51280303.jpg

広告
カテゴリー: イベント パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中