レッドラインを超える

高さ15メートルは、レッドラインと呼ばれている。人間が落下した時、生死をわける高さ。

木に登ったとき、ぼくは5メートルを超えると、恐怖感がなくなる。それより高くなると、どうせ落ちたらダメだろうという諦めがある。ふっきれる。

木にのぼる仕事をする前は、高所恐怖症で、高いところなんか何でわざわざ登るのか、と思っていた。今となっては、はやく次の木のぼりの仕事がしたいな、といつも心待ちにしている。

なんだろう、スリル感だろうか。体力も気力も、精神力も、すべて使って、チャレンジしてるって、気持ちにさせてくれる。

広告
カテゴリー: 未分類, 森のパンセ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中