ブルックリン・フォーリーズ

アメリカ文学、今は、ポール・オースターを一押しします。

3月は楽しみにしている映画『LIFE』の封切りがあります。

2月の読書

・『ブルックリン・フォーリーズ』ポール・オースター

・『真夜中のギャングたち』バリー・ユアグロー

・『ロングトレイルを歩く』加藤則芳

・『クレーン男』ライナー・チムニク

・『ミッチェル』片岡義男

・『考えないヒント』小山薫堂

2月の映画

・『ゼロ・グラビティ』

・『エージェント・ライアン』

・『グランド・マスター』

広告
カテゴリー: 趣味, パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中