こんな山奥でピロシキ!!

奥多摩の倉沢。(12月のツアー報告です)

参加者をお連れして、険しい林道をしばらく行くと、たき火の煙がもくもくとあがっていました。

IMG_3007

今回のダッチオーブン会、ロシア料理を食べるための第一の関門は、たき火のある河原まで急坂を下りる、です。

「え、ここを下りるんですか?」

と、男性が若干引き気味ぐらいのスティープでした笑

第二の関門、料理に必要な薪を集める!

お湯を沸かすにも、料理をするのも、すべてたき火ですから、必要な薪を集めなければ料理が完成することはありません笑

でも、これは意外で、薪集めも、火起こしも、みなさんすごい楽しそうなんです。野生の呼び声とでも言いましょうか。

関門はここまでですが、ここからいただきます、まではまだけっこう時間がかかるのです。その間に、サラダとウォッカで「練習」が始まったり、沢を遡上して冷たい川に足を落とし込んでみたり、ギターの調べが響き渡っていたり、それぞれの時間が進行していました。

サラダ

ウォッカ

ピロシキ

ボルシチ

鶏の丸焼き

・・・

IMG_3025

奥多摩のこんな山奥で、ピロシキを作った人は、いまだかつていたのでしょうか、とみんさんと談笑していました。

スギ、ヒノキの人工林に混ざって、沢の奥へすすむごとに大きな広葉樹が目につくようになります。

森の中で、たき火、ロシア料理、たわいもない会話、笑い声、音楽、水の流れ、仲間、素敵な時間を過ごさせてもらいました。

 

次回の旅はこちら→http://makeasekaichizu.com/voyage.html

フレンチスタイル ダッチオーブン 秩父多摩甲斐国立公園 森でお会いしましょう!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中