最近の木のぼりの様子

高所恐怖症なんですが、木のぼりは病みつきになりそうです!

枝払いや、特殊な伐採(倒すスペースがない場所)の場合で木を伐るには、クレーン車を呼んできたり、ワイヤーを使ってそっと降ろしてきたりします。

そのためには、木の幹の高いところまでのぼっていく必要があるのです。

木のぼりの技術は、日本古来の伝統的なものから、最近はロッククライミングの道具と技術を応用した新しいものがあります。

ぼくは先日、安全帯ロープとカンジキ(足の裏に装着する鉄の爪)を使ってのぼる伝統的スタイルに初挑戦しました。

後から写真を見ると、腰が引けていて超カッコ悪かったです。ですが高所は慣れだと聞くので、やはり場数、経験していくことが重要だと思います。

DSC_0155

下りてきた直後は、前腕の筋肉が箸も掴めないほど疲労していました。ロッククライミングもそうらしいですが、木のぼりも「足でのぼれ」と言われますが、頭ではわかっていてもなかなかそこまでスムースには体が言うことを聞いてはくれません。

木にのぼると、そこからの景色は非日常。そして一人占め。

安全に、たくさんの木と出会いたいと思っています。

20130929-124244.jpg

広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中