夏の終わりに

 朝晩は、少し涼しくなってきた。

 初めての埼玉の、暑い夏を、なんとか乗り切ったなという、感覚はしている。

 盆休みは、久しぶりに徳島を訪ねた。

 徳島に「行く」ことを、仲間が「帰ってくる」と表現してくれることが、素直にうれしい。

 お世話になっていた方の墓参りに行くと、ご家族の方と話せて、ずっと胸に引っ掛かっていたものがはずれた感覚になり、すっきりした。

 久しぶりに実家にも帰り、家族と、友人と静かな時間を過ごした。

 どうやって人とつながっていくのか。それを大事にして生きたい。

 本は、沢木耕太郎『無名』、椎名誠『大きな約束』、とか印象深い。

 角幡唯介『探検家、36歳の憂鬱』なんかも、気軽に読めておもしろかった。

 角幡さんが、現代人の「身体性の喪失」について書いていて、現代の若者が、無意識下で生感覚を刺激する自然を欲して富士山に登る、という考察が特に面白かった。

 ぼくはというと、平日の山仕事と、休日のキャンプや山歩きなんかと街に出て人にであったりするのが、いい感じで刺激しあっている気がしている。身体的にも、動けるし、よく食べるし、寝るし、ときどき飲むしで、すごくいい状態だと感じる。

広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

夏の終わりに への5件のフィードバック

  1. GREEN FINGERS より:

    貴方の木訥とした文章に時間を忘れられる
    鳥海山や白神山が寂しがってなければいいですね

  2. 田中 より:

    すやまさん、お久しぶりです。ワタシは今年の春徳島を離れ福岡に帰りました。久しぶりにすやまさんを見つけることができて嬉しいです。徳島に帰っていたんですね。ワタシもふと思い出し吉野川に行きたくなることがあります。またいつかどこかで会ったときは気軽に声をかけて下さい。           by 旅人

    • sekaichizu1923 より:

      旅人さん
      ご無沙汰してます!
      お盆に、久しぶりに吉野川に帰りました。阿波踊りして、たくさんの人に出会えて、よかったです。
      また九州のお話も聞かせてくださいね。

  3. 柊子 より:

    雪降ってますね、写真。
    先日、飯能の能仁寺で座禅してきました。
    お庭もご住職も素敵なお寺でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中