また違った喜び

 秋の川ガニ(モクズガニ)漁は、想像していたよりはるかに豊漁だった。漁の解禁の当初は、一晩で25匹も網籠に獲物が入っていたこともある。家から徒歩3分、目の前を流れる川でである。

 山で木を倒す、渓流で大きな魚を釣り上げる、森でキノコを見つける、畑の作物を収穫する、などいろいろとうれしいことはあるけど、それとはまた違った喜びが川ガニ漁にはあった。なんだろう、日常でありながら、網籠を引き揚げるまでわからないというのが、魅力的なのか。

 当然、毎朝のみそ汁となる。このカニの出汁のうまいこと。

 

 さて本の紹介

『ぼくはお金を使わずに生きることにした』

マーク・ボイル著

イングランドの青年が、お金をまったく使わずに一年間生活する実験をする。

いろいろとジレンマはあるけれど、理想と現実のはざまで自分の信念を追い求める姿に感動した。「与えること」と「分かち合うこと」を大切にしたい。

-ぼくがカネなし生活からまっさきに学んだ最大の教訓は、人生を信じることであった。みずから与える精神を持って日々を生きれば、必要な物は必要なときにきっと与えられる。ぼくはそう確信している。これを理性で説明しようという努力は、とっくの昔に放棄した。

 本文中で紹介されていたいくつかのwebsiteも紹介。

http://www.justfortheloveofit.org/ フリーエコノミーコミュニティー マークが主催する団体

https://www.liftshare.com リフトシェア 同じ方角へ行く人どうしが同乗できるようにする

https://carshare.liftshare.com カーシェア

http://www.couchsurfing.org カウチサーフィン 空いているカウチ(ソファ)と旅行者をマッチングする

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中