非圧雪

 4日ほど前から雪が降り続いていて、家の前で1メートルほどの積雪。

 降りしきる雪の音というものはないが、家の中にいると屋根のひさしから積もった雪がドスン、ドスンと割りとひっきりなしに落ちている。なぜかその都度、「ああよかった、降ってるんだ」と安心する自分がいる。

 昨日。最寄の(家から10分)ちょーローカル、大平スキー場にナイターに行った。市営の小さなスキー場で、そのローカルっぷりに感激してしまった。というのも、

1.本やwebの「秋田県のスキー場」というページにも出ていない。

2.客が自分を含めて2人だけだった。スタッフの方が人数多かった。だからリフトも基本止まっていて、いけば動かしてくれる感じ。

3.リフトが、Tバーだった。ワイヤーにつかまって上まで引っ張っていってもらうやつ。

 斜面をほぼ独占で、貸切と言っても過言ではない。一応圧雪してあるが、降りしきる雪によって非圧雪状態。ただ若干、雪の水分が多かった。大きな斜面を、無駄に端から端までターンしたりしてみた。気持ちいい。本当に小さなスキー場だが、心あたたまる。エクセレント!

 今日は、朝一で矢島へ。ずっと降り続いているので、こちらもゲレンデもふかふか雪。そしてさらに非圧雪ゾーンは、腰までパウダー。なので、ひたらすこのエリアでターン。まさかここまで深雪だとは思わなかったので、ファット板GOTAMAを持って行かなかったことを後悔した。深雪でも、カービングターンをかなり感じることができるようになってきた。

 朝、家から出るとき、そして車を出すとき、雪かきというものがこんなに大変だとは思わなかった。楽しみながらいきたい。

広告
カテゴリー: エンターテイメント パーマリンク

非圧雪 への2件のフィードバック

  1. 天幕 より:

    いやはや、そろそろチヌも釣れなくなってきました。
    遅ればせながら、ココロをシフトしようと思います。
    日本の四季に感謝!!
    POWDERのバカヤロー!!

  2. ペペ より:

    やはりゲレンデは、雪質と人の少なさが大切ですよね!
    年末の、飛騨かわい、ほうのき平共に爽快でした。最近、滑るのが楽しくて仕方がない。
    また、一緒に滑ろう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中