道なりにいってから川をのぼっていく

 徳島より松尾さん来たる。
 
 テント、寝袋、その他、釣り道具を車のトランクに放り込み、シーズン最後となる渓流釣り旅、白神山地へ一路。
 能代を越えて北上する。ブナの原生林からの清き流れが、日本海に注ぎ込む。ところどころに漁村、農村。そして素晴らしい渓流をいくつも越えていく。秋田、青森県境付近で竿を出す計画は、早くも断念して、まだ秋田県。一日目は真瀬川、二日目は小入川というどちらも白神から流れを発する川で糸を垂らす。
 
 シーズン終盤は、ヤマメ、イワナともに、産卵の準備が始まっている。釣りあげた魚体は、婚姻色という自分を美しく見せるために赤みがかっていて、よりいっそうきれいな魚となっている。
 美しい森に抱かれた渓流で、美しく美味しい魚。そして友と火を囲む夜。うーむ、白神。
 大きい魚が釣れて、もちろんうれしいが、いつの間にか釣果はどうでもよくなっている。
 
 卵をお腹に抱えたヤマメが重たすぎたのか、竿がしなって、魚がぐんと勢いよく潜り、シーズン最終日にお気に入りの竿がポキリと折れてしまった。
 あと、オスのヤマメに精子をぶっかけられてしまった。これまでに魚にはずいぶんと恨みをかっているからだろうな。
 
広告
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中