美の国で山仕事

 秋田生活が、早くも3ヶ月目に突入。
 
 秋田県ふるさと定住機構の取材を受けた。秋田県にAターン(IターンやUターンなど)した人として、広報誌に掲載してもらえるとのこと。
 秋田県に移住するに際して、この機構のAターン就職支援プログラムのお世話になった。
 秋田県の求人情報を提供してもらったり、面接の際の費用を助成してもらったり、大変お世話になった。大変ありがたい制度である。
 これからは、どんどん街を離れて田舎を目指す若者が増えてくるはずだ。いまだに人口の都市流入が止まらない日本。肥大化した都市文明は、どこへ向かうのか。食糧自給率130パーセント(カロリーベース)のフランスでは、十数年前から帰農する若者が後をたたないという(ちなみに日本は40パーセント)。第一次産業をベースにした、健全な社会を作りたい。
 
 秋田県の南に位置する由利本荘市というところで、「猪股林業」という林業の事業体に就職した。毎日、山に出かけている。
 
 山で、森で、畑で、川で、海で、外仕事をする仲間を増やしていきたい。
広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

美の国で山仕事 への2件のフィードバック

  1. 高橋 より:

    毎日仕事お疲れさまです。私も以前林業の仕事をしていました。仕事が減り転職しましたが、
    今でも、林業の仕事良かったと思ってます。

    • sekaichizu1923 より:

      高橋さん
      コメントありがとうございます。
      そうですか、山で仕事されていたのですか。ぜひそのときのお話をうかがいたいです。
      またコメントお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中