なあなあ日常

 『神去村なあなあ日常』 三浦しをん著
 
 高校を卒業して、訳もわからず林業の世界に放り込まれる青年の物語。山の仕事だけでなく、山奥の村の不思議や伝統に少しずつ順応して、その意味を感じ取っていく。
画かれている人間がみんな素敵だった。
広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中