キャピタリズム

 マイケル・ムーア監督作品を続けて2本観る。
 
『シッコ』
 アメリカの医療制度問題を取り上げた作品。アメリカの現状とともに、ヨーロッパ各国の制度にも触れ、医療制度がどうあるべきか問う。
 キーワード ・助け合いの精神
         ・「私」ではなく「私たち」
 
『キャピタリズム』
 アメリカの資本主義経済の構造にズームイン。ウォール街がアメリカの富を独占。ムーア監督が体を張って、メスを入れる。
 
 監督がもう少しスリムになったら、もっと説得力アップするはず。
広告
カテゴリー: 趣味 パーマリンク

キャピタリズム への1件のフィードバック

  1. michiko より:

    工場長です。 >監督がもう少しスリムになったら、もっと説得力アップするはず。激しく同意です。ストイックさが見た目に欲しい人っすね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中