さすらいの詩人

 「芭蕉ー新しみは俳諧の花」展。伊丹の柿衛文庫にて。
 
 芭蕉は俳句において、「軽み」という理念を重要視した。ぼくは芭蕉の俳句はもちろんだが、その絵画も楽しくて好きだ。
芭蕉の見た時代の日本の山河は、どれほど美しかったことだろうか。
広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中