slow moves

 自然観察会「吉野川第十堰でアユの遡上を見てみよう!」を開催した。
 
 ドネラ・H・メドウズの「not so fast もう少しゆっくりと」をしばらく前に読み、思いっきり共感した。
 
-速度を落とすことが、世界を救うたったひとつのもっとも有効な行為かもしれない。
 Slowing down could be the single most effective action to save the world.
全文は↓
 
 『成長の限界』、1972年に発刊されたこの本の中でドネラ・H・メドウズを含むローマ・クラブの研究者たちは、人口増加や環境汚染などの現在の傾向が続けば100年以内に地球上の成長は限界に達すると警鐘を鳴らした。それから40年近くが経つが、人類はその警鐘を真摯に受け止めることができていない。この国の首相は「まずは景気だ!」とか、未だに吠えている。
 
 それではぼくは、吉野川をもっとゆっくりと感じることをやりたいと思いたち、slow moves(スロームーブ)と命名。slow moves は、ホセ・ゴンザレスの曲名から拝借した。
 
 第十堰の潮時間は、小松島のそれからだいたい45分遅れてやってくる。風の影響を受けて、45分というのも少し前後する。稚アユが、堰の魚道をのぼるのは、満潮時間がピークなので、この日はそれにあわせて早朝の観察。22名も参加してくれた。
 
 DNAに刻まれた生命の営み。川をくだり、再びのぼり、卵を産み、死んでいく。野生動物の営みから、学ぶことだらけ。
(下の写真は、以前にとったもの)
広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中