羽黒山

 早朝6時、鶴岡の朝。小雨。
 羽黒山へのぼる。
 
 羽黒山は、出羽三山の一つ、修験道の霊場であり、およそ1400年前に開かれたとされている。
二千百四十六段の石段が続き、山頂には三神合祭殿がある。途中、森に同化したかと思われるような国宝・五重塔がそびえる。大きな杉の森は、霧に包まれて、いっそう厳かな気分になった。
 早朝のためか、雨天のためか、他には人影がまったくなかった。残雪の道のりは、「まだ終わらないで」と、願うばかりの修験道だった。
 
 次は、雪の月山と湯殿山に出かけたい。
広告
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中