遊び場と食糧貯蔵庫

 さて先述のマリンピア沖洲埋め立て工事について。捕ってきたオキシジミの味噌スープは、びっくりするぐらい旨くて感動。
 
 今後新たな道路建設は本当に必要なのか。徳島県人口は80万人を割り、今後はいっそう人口の減少が予測されている、というかそれは確かである。
莫大な資金を投資して、美しい山河を切り崩してまで、もうこれ以上道路はいらない。
 渋滞するなら、少し時間がかかるのを我慢すればいい。むしろ公共交通を利用、もしくは歩いてゆっくりいけばいい。
 だから徳島の行政には、がんばって車用の道路を作るのではなくて、がんばって公共交通機関の充実を図ってもらいたい。
 
 マリンピア沖洲の埋め立て工事は、もうこんなに進行している。ぼくの遊び場と食糧貯蔵庫を壊さないでくれ。
 
-人間社会は健康な生態系に依存しつつ、そこから貴重な利益を享受している
『生命の川』サンドラ・ポステル著より
 
↓マリンピア沖洲埋め立て
 
 加藤登紀子さんの歌「la revolution」の一節
- 400年前の森を切りきざんで
  砂浜や川や湖を
  コンクリートでかためて 生きものたちを
  豊かさのいけにえにしていく
広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中