邂逅の森

 熊谷達也著『邂逅の森』
 
 主人公の富治の生き様に、圧倒される。
 大正、昭和の東北を舞台に、時代に翻弄されながらも、強く愛にあふれて生きる一人のマタギを描く。読み終えるのがもったいなかった。
 
 舞台こそ違え、C.W.ニコルの『勇魚』に通ずるものがあった。
広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中