漂泊の牙

 本『漂泊の牙』
 熊谷達也著
 
 う~む、熊谷達也シリーズ、読み始めたらとまらない。
 東北のある田舎町、人が何かの動物によって食い殺されるという事件が連続しておこる。絶滅したと信じられてきた、ニホンオオカミの仕業なのか?
人間と野生動物の関係を問いかける。
広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中