川とヨーロッパ

 本『川とヨーロッパ ~河川再自然化という思想~』
 著:保屋野初子 2003年
 
 ヨーロッパではすでに「人々の生活と川とつなげる」ために、行政・住民が川の再自然化を行っている。
‐生態学的な回復は、他の問題を解決する機会をも与えてくれる。
‐生態系の価値と人間の水利用との矛盾をどう解決するか。
‐再自然化のほうに税金を投入することへの国民的な合意が形成されてきた。
 
 まだまだ先のことになるかもしれないが、日本にも必ずヨーロッパと同じ理念で川を再自然化する日がやってくるだろう、やってこなければならない、やらなければならない。
広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中