嘘つきアーニャ

 米原万里著『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』
 
 共産主義時代にプラハのソビエト学校で育った米原さん。3人の個性的な同級生との出会いと、再開があまりにもドラマティック。
それぞれが時代や民族に翻弄された。
 
 このユーモラスなエッセイストももういない。
広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中