吉野ヶ里

 佐賀、吉野ヶ里遺跡へ。
 
 ここはずいぶん前から、青森の三内丸山遺跡とあわせて訪れてみたかった場所だ。
 吉野ヶ里は、弥生時代初めに人が住み始めた考えられており、ムラが形成され、さらにはクニへと集落が発展していく様を、理解することができる。
 
 新緑の美しい、春真っ盛りの夕暮れ。北に脊振山地を構え、ゆるやかに続く丘陵地帯にたつと、古代の人々の息吹が聴こえてきそうである。物見櫓にのぼると、周囲の丘から遠くの山並みまで広く見渡せて、当時の森や川や草原の姿を想像してみることができる。想像力膨らむ、落ち着く場所である。
SANY0439SANY0450
広告
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中