エリオット・ネス

 映画『アンタッチャブル』
 出演:ケヴィン・コスナー、アンディ・ガルシア、ショーン・コネリー
 
 ケヴィン・コスナーは大好きな俳優で、特に若いころのスマートさが何ともいえない。久しぶりにこの映画を見ると、アクションも、世間も人間らしくて安心した。アクションなんかも完璧でなくて、ゆるやかというか・・・。
 禁酒法が制定され、ギャングのアル・カポネが支配するシカゴ。法務局から警察局へ派遣された若きエリオットは、腐敗しきった警察、司法に負けることなく、カポネを脱税の罪で有罪にする。仲間を失うという、つらい出来事を乗り越え、正義をつらぬく姿が印象的だ。
 若きアンディ・ガルシアもかっこいい。
広告
カテゴリー: 趣味 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中