月の砂漠

 平山郁夫美術館。広島県尾道市、しまなみ街道の生口島にある。
 
 平山さんは、1930年、生口島生まれ。
 1945年、広島に原爆が投下されたとき、平山さんは広島で学生生活を送っていた。「平和への渇望」、平山さんの絵からのメッセージではないだろうか。
 
 シルクロード・楼蘭を行くラクダ隊商、月夜、陽昼。光の色彩が、今もまぶたの裏に焼き付いている。黄金の陽の光。
 
 夜は、平山さんの絵をバックに、マンドリンのコンサートである。弦楽器が奏でるメロディーが、月の砂漠に旅のラクダを歩ませる。
平山郁夫美術館HP↓
広告
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中