スウェーデン四季暦

 訓覇法子(くるべのりこ)著『スウェーデン四季暦』
 東京書籍
 
 スウェーデン人の日々の暮らしから見えてくる、「豊かさ」。
 生活に必要な要素って、何なのか?質素で家庭的なスウェーデン人の生活に、ぼくの目指すスタイルの大きなヒントがある。
安心して、正直に、そしてシンプルな生活を送ること。
「生活を自己決定する権利とは、すべてのひとにとっていちばん大切な、最初で最後の権利であると思う。なぜなら、たぶんそのことが、生きがいのある、豊かな生を送れるかどうか決定する出発点であるからだ。」
「美しいと自然をめでるのでもなく、またその雄大さを征服するのでもな。人々は自然のなかに入り込んで生活をすることによって、自然と対話する。木漏れ日のなか、自分の足音だけを聞きながら蒼い苔の上を歩くとき、過ぎ去った人生を振り返る。島影ひとつない海原で、太陽と紺碧の空と水だけに囲まれてヨットを走らせるとき、宇宙の豆粒のような小さな自分の存在を知る。」
-訓覇法子
 訓覇さんの詩的な文章と、ブー・モッスベリィさんのやわらかな挿絵に惹かれる。
 
 先日の新聞には、ノーベル平和賞を受賞した『不都合な真実』のアル・ゴア氏の温暖化防止についてのコメントが載っていた。
「人類は文明継続への脅威という地球規模の緊急事態に直面する。断固とした大胆で素早い行動により最悪の結果を避け危機を乗り越えられる。」
「(温室効果ガスの)二酸化炭素は目に見えず味もにおいもなく、危機に気付きにくい。強大な真実が本当に不都合な場合、社会全体が無視することもある。」
記事はこのほか、「われわれの手で温暖化を止められる」との回答は、インド45パーセント、ブラジル26パーセント、フランス5パーセントと、温暖化問題への関心は高いが、個人レベルでの取り組みへの認識は低いと指摘していた。
 
 身にしみついたライフスタイルを転換することは、本当に難しいことだと思う。
しかしそう思ったとき、スウェーデン人のライフスタイルは大きなヒントになるはずだ。
広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中