ノー・トラック

 川の学校スタッフメンバーとスキー・トリップ
 
1日目 信州野麦峠 
 信州まで来ても、今年の雪不足は深刻で、斜面の一部はまだ冠雪していない。まだと言うか、今年はもうダメなのではないか・・・。前回のトリップはすべて公共交通で回ったが、今回は車でやってきてしまった。車は便利だが、もしスキーヤーとボーダーがマイカーでゲレンデに行かなければ、年間のCO2排出量はどれだけさがるのだろうか、とそんなことを考えつつ・・・。
 雪が降っていないので、コブの凹みが溝みたいになっていて、「コブと言うよりむしろ溝!」と叫びながら、溝にダイブ。まずは明日からの野沢に備えての足慣らし。
 
2日目 野沢温泉
 昨晩から雪降り続いて最強パウダー。が・・・、日曜日のため、すごい人出。リフトはかなり並ばねばならない。中腹から上は、雲がかかって雪が降り続け5メートルほどしか視界なし。この時を待っていた!勇んで自己責任エリアに入り、膝上パウダーを連続して滑走。野沢の広大なゲレンデがあるのは知っているが、一日中、そこの斜面ばかり滑った。ここだけはトラックも少なく、人も少ない。おまけにブナの大木が生えていて静寂に包まれていて、バックカントリー気分。途中、雪が盛り上がっているところでジャンプ、最高。
 
3日目 野沢温泉
 最終日、昨日の斜面もかなり人が入ったようなので、ノートラック状態とは言えず、ちょっと関心が薄れたので、パークに移る。ボックスとジャンプ、そしてハーフパイプ。ジャンプで腰を打ち付けて、なにやら腰が痛む。しかしハープパイプは慣れてくると、ちょっとしたジャンプや、頂点まであがってエッジでパイプの角をそぎ落としてみたりとかなりはまる。
 
 今年は、タクヤとトリップにかなり出かけたが、8割ぐらいの確立でパウダーと降雪。ニセコでの笑いが止まらない経験を思い出す。
 
 今年はあと何度、滑走できるかな。
広告
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中