回遊魚

 名古屋にて、リバーポリシーネットワーク主催のシンポジウム「ワイルドサーモンと天然アユ-回遊魚を守るということ-」。
 
□ワイルドサーモンセンター(WSC)http://www.wildsalmoncenter.org/
 アメリカのNGOで、サケをシンボルに国際的な自然再生に取り組んでいる。
 シンボルとしてのサケは ▽食料 ▽経済的資源(サハリンでは住民の50%がサケに雇用などを依存)
▽海洋と淡水を結びつける存在 ▽海からの栄養を陸に運ぶ(北アメリカでは190種の動物がサケを重要な栄養素にしている) ▽文化的象徴(インディアン、アイヌ)という、役割を持っている。
 
 しかし現在、野生のサケの生息数は激減している。原因としては、・土地開発 ・ダム ・養殖 ・乱獲密漁 ・石油とガスの発達 ・温暖化 が挙げられる。
 例を挙げると、アメリカのコロンビア川は全盛期の約3%しか、生息数はないという。主な原因は、1945年以降、漁獲量は激減した。1940年代に入り、アメリカはダム建設のラッシュが始まったのである。
 生息数減に対して、1982年から2002年の20年間で、政府はその回復に33億ドルを投資しているという事実もある。
 
 また極東ロシアでは、密漁によって生息数が減少しているという。
 
 それらの事実に対して、WSCはサケの集団が残された地域で、積極的な保護活動を実施している。
 カムチャッカ コロ川では、源流から河口までが保護区に指定された。
 サハリン サムラガ川では、企業と協定を結び今後5年間の調査活動の実施が決まっている。ここには住友林業(日本)とロシア企業による森林伐採計画がある。
 
 サハリンは、地球上に残された数少ないサケの生息地だが、現在「サハリン2プロジェクト」という、世界最大のオイル・ガス開発計画が持ち上がっている。これも日本企業(三井、三菱)が45%の株を持つサハリン・エネルギー会社(ロシア企業)の計画だ。
 ぼくらは日本企業、日本が他国に対して持ちかけている開発計画に対して無知でありすぎた。もっとアンテナをはりめぐらさなければ。サハリンからの報告者も、「日本の企業のプロジェクトなのに、日本人はなぜ知らないのか?」と嘆いていた。
 
 最後にWSCのポリシーとしては、まず問題解決にあたっては、社会的な影響が大きい一番大きな団体であったり企業と対話をすること。それから科学的根拠をしてすという手法をとっているとしめくくった。
 
 ぼくはロシアからの報告者と、久々にロシア語で会話をした。僕自身にとっては、吉野川の活動とロシア語が、はじめてリンクしたときでもあったので妙に感慨深かった。
 
 
□高橋勇夫さん
 高知県物部川で、アユの生態を調査している人で、この方の『アユの本』(高橋勇夫、東健作著、築地書館)は一読をおすすめする。
 物部川では1995年以降、アユの漁獲量が自然のサイクルに戻れなくなった。原因は ・まだ解明されていない冷水病 ・天然遡上数の減少 である。1995年以降は、水温の上昇があり、アユの孵化日が遅くなり、94年以降記録されている海水温の上昇によって稚魚が海に降りて死ぬという事実があるという(アユの稚魚は水温が20度以上になると死にやすい)。地球温暖化のしわ寄せはここにも押し寄せているのか。
 
 しかし物部川での取り組みによって、2004年はアユの大量遡上が始まることになる。漁協が主体となった、産卵の促進と保護のプロジェクトである。産卵場を人口造成し、産卵保護区を指定した。また物部川独自の禁漁期も設けた。それが大量遡上の要因である。
 これにより稚魚放流では、漁獲量を維持できないという事実も明らかになったのである。これまで全国の漁協は、放流万能主義を掲げてきたが、この事実はそれを根底から覆すのではないだろうか。
 
 高橋さんは、最後にアユと人間との付き合いは、今後持続可能社会のモデルとなるのではないかと言って、話をしめくくった。
 
 
 矢作川漁協の組合長をされている。矢作川はダムだらけの川であり、それは徹底した水利用を行っていきたという事実である。
 矢作川漁協は、H15年に環境漁協宣言なるものを出した。 ①河川環境を生物という観点から見直す
②アユの生息環境破壊は経済3団体(水力発電、農業用水、漁業団体)によるものだという事実を踏まえ、今後、農業と漁業の両立を目指す ・・・ というものである。
 
 そして早速、2006年にはアユ遡上のための200万トンのダム放流が行われているのである。
 
 
 自然環境という理念を無視して、開発が進んできた日本列島の河川に、ようやく新たなステップを踏み出した人々がいることをきき、勇気づけられた。
広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中