紀伊水道

 「紀伊水道の漁業と環境」について、東大の清野聡子さんのお話をきく。
 徳島県沿岸の海域は、内洋と外洋の2つの特性を持ち、吉野川や勝浦川、那賀川による栄養分が流入する絶好の漁場環境である。現在、瀬戸内海や東京湾と比較すると、はるかに好漁場が残されてもいる。
 吉野川の場合、それは1つ大きな河口干潟の存在による恩恵は言うまでもない。上流から運ばれてきた土砂や栄養分が、この干潟に豊かな生態系を生み出し、風景をつくり、また人々の生活を支えている。吉野川のように河口テラスを残している大河川は絶滅に瀕しているという。
 
 清野さんは徳島における漁業のあり方を、漁業者と地域の連携のから、また地域が漁業を支える仕組みを再認識する必要があると結ばれた。
 漁場を知り尽くしている漁業者が水産物を提供、情報を提供、それを行政・地域が支える仕組みだ。また環境の記録を残すことの必要性(ウォッチャー、モニター)もあげられる。
 
 紀伊水道をイルカが泳いでいることをきいて驚く。
広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中