隠し剣

 映画『隠し剣 鬼の爪』 2004年松竹 
 監督:山田洋次 原作:藤沢周平 出演:永瀬正敏 松たか子
 
 藤沢ワールドに引き込まれる。
 主人公・片桐の侍としての生き方、愛情など、男は藤沢周平である。ストーリーも最高に美しい。身分をこえた愛の物語。
 そして海坂藩の映像にも引き込まれる。江戸時代の人々の質素な美しい暮らし。それから川や森や田畑の風景、それとともに鳥や虫の鳴き声、花の色合い。映像が美しい。
 『たそがれ清兵衛』に続く、藤沢周平原作の映画化第2弾。
 
 これは絶対におすすめ!!
 
 海坂藩・・・藤沢周平の小説に登場する架空の藩。舞台は幕末。山形の鶴岡市をモデルにしたと言われる。
広告
カテゴリー: 趣味 パーマリンク

隠し剣 への1件のフィードバック

  1. Unknown より:

    『海辺に立って一望の海を眺めると、水平線はゆるやかな弧を描く。 そのあるかなきかのゆるやかな傾斜弧を、海坂(うなさか)と呼ぶ。』この架空の藩の名は、若き日の藤沢さんが結核療養生活を送っていた頃に愛読した句集「海坂」からとったものだそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中