ユートピア

 自然教室のプログラム「川塾」で穴吹川へ。
 
 穴吹川は吉野川の支流で、もう何年も四国の水質NO.1に選ばれている清流である。剣山から流れを発し、山間を滔々と流れる。水はコバルト・ブルー、魚の楽園である。アユやオイカワ、フナ、ギギ、カマツカなどが所狭しと泳ぎ回る。上流へ行けばアメゴ(アマゴ)釣りのメッカでもある。
 しかし上流の河岸は無残だ。数十メートルおきにコンクリートの堰堤がそびえ、魚たちの往来を阻害している。堰堤は下流への土砂供給をストップさせ、また堰堤自身も砂礫で埋まってしまう。おかげで申し訳程度に取り付けられている魚道も機能を果たしていない。
 これだけの堰堤が備え付けられていても、穴吹川の水質がこれほどまで保たれるのは四国の山深さではないだろうか。穴吹川だけでも全長ざっと50キロはあるだろう。流域の荒れ果てた森林(手入れのされていない人工林)も、民家から垂れ流される生活排水も、すべてを包み込んでしまう自然の奥深さがある。自然の営みに感謝、とともに自分自身の生活を反省。
 
 キャンプは白人の瀬(しらひとのせ)にて。しばらくの渇水がうその様に、1泊2日の間中、雨が降り続いた。おかげで水量は豊かになり、これで魚も植物も鳥たちも息を吹き返すだろう。河岸の至る所から、穴吹川に谷水が注ぎ込む。
 白人の瀬からしばらく上流に遡ると、川幅いっぱいに広がった瀬が現れ、その手前には大きな深みができている。水中眼鏡で覗き込むと、30センチ以上はあるイダ(ウグイ)と、これまた20センチほどあるアユがうようよと泳ぎまわっている。岸のくぼみにはギギが隠れていた。瀬ではカワガラスが水の中に飛び込み、キセキレイが小雨の中、川を横切っていく。
 さらに上流は切り立った一枚岩が川岸を往き、浅瀬にも3メートルほどの大岩がごろごろと転がっている。ぼくは岩によじ登って、みのるさんを真似てしばらく座禅を組んでみた。水が美しいことほど、豊かなことはあるだろうか。一緒に川を歩いた子は、ひたすら見釣り(小さな竿に餌をつけて魚を見ながら釣る釣り方)の竿を垂れていた。
 雨のおかげで水温が下がった。雨に打たれ、ぶるぶると震えながらも実にすがすがしい川遊びを楽しんだ。
広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中