柿原堰

 第十堰より約10キロ上流に位置する柿原堰(かきはらのせき)。

 柿原堰は農業用水確保の為、明治の初めに造られた。現在では、ほぼ全面がコンクリートにおおわれている。

 堰下流では、6月1日に解禁された鮎漁の釣り人が竿を出している。堰上には、遡上する鮎を狙って、鳥たちが集まっていた。

広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中