クンフー男

 クンフー男、ケンポーと再会。約1年半ぶりである。

 彼は今、三重県宮川村の「大杉谷自然学校」でスタッフをしており、山岳ガイド、子どもたちへの環境教育、伊勢志摩国立公園での子どもパークレンジャー育成などに取り組んでいる。

 今回は、その宮川村を訪ねた訳だが、その目的は、昨年の豪雨によっておこった「山腹・山林崩壊」の現場を見に行くことだ。

 昨年の豪雨は、日本中で様々な災害を引き起こした。徳島では、木沢・上那賀をはじめとして、大規模な山腹崩壊が起こり、人命をも奪った。

 ここ宮川村も、かつては清流・宮川が流れていたのだが、山腹・山林の崩壊により、川には土砂が流出した。淵が土砂で埋め尽くされ、山肌の木々は横向きになぎ倒されたままである。

 その宮川で自然ガイドを営む「大杉谷自然学校」だが、被災によってフィールドが変わり、プログラムの変更を余儀なくされた。今は、プログラムのひとつとして、そういった災害の見学ツアーを行なっている。

 とにかく、ケンポーがまた1回りも2回りも大きくなって実に頼もしい。川の学校の仲間が、こうやってどんどん各地に広がって活躍していることがなによりもうれしい。

広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中