野鳥のこと

 今朝は家の庭に、2匹のシジュウカラが来ていた。木の幹の何かしらを啄ばんでいる。ツーピーという泣き声がすがすがしい。

 毎年、3月に日本野鳥の会徳島支部ではヤマセミの探鳥会を行なってきた。今年は、急遽そのプログラムを中止したそうである。実は、ぼくはこれをかなり楽しみにしていた。

 ヤマセミはブッポウソウ目カワセミ科の、渓流に住む鳥である。水のきれいな小さな川沿いに巣をつくる。シルエットが美しく、頭のてっぺんの毛が上にはねていて、とても愛らしい。

 なぜこのヤマセミの探鳥会が中止になったかというと、いつも定期的にヤマセミを見ることが出来た沢からヤマセミの姿が消えたからだ。那賀川の上流や、勝浦川の上流のどこの沢からもヤマセミが消えていっている、という話だ。ある程度、川を遡れば見ることができたヤマセミの数が、ここ数年激減していると言う。

 この理由は、ひとつの説であるが、アメゴ(アマゴ)釣りが原因としても考えられている。渓流釣り師はアメゴを狙って、奥深い沢を深みへ深みへと目指す。奥深い沢に営巣しているヤマセミは、巣を離れなければならなくなったのではないか。

 もちろん水質の低下であったり、砂防ダムであったり、護岸工事であったり自然破壊が基本にあり、それによって個体数が昔に比べて減少していることは言うまでもない。

 吉野川の河口では、新しく橋の建設が今まさに進行中である。干潟に飛来する渡り鳥たちのサンクチュアリへの影響も大きく懸念されている。

広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中