ヒューマンスケール

 昨日は藤門弘さんの講演を聴きに行ってきた。

 藤門さんは北海道でアリスファームという農場を経営している。農場でのジャム作りの他にも、レンガでの家造り、家具をこしらえたりしている。

 藤門さんは60歳を目前にして、いろいろなもののスタイルが確立してきたと言った。家にしても、家具にしても、若いときに模索してきたものが最終の形として出来上がってきたそうだ。そしてその家や家具、スタイルを自分以降の4世代が使えるものとして考えているとのこと。50年で世代交代するが、200年もつものづくりをしてきたという。

 「それはヒューマンスケールをこえたものなんです。」

という言葉が実に印象的だった。

広告
カテゴリー: エンターテイメント パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中