徳島が熱い!

 水郷水都全国会議に参加するために静岡・浜松に行ってきた。水郷水都は、「水」に関しては全国で一番大きなイベントで、各地で活動する市民団体から行政の機関まで400人以上もの参加者が集う。
 いくつかの分科会に別れ、静岡県の抱える水に関わる問題や全国各地の様々な活動報告が行われる。
 そんな中、いくつかの報告で徳島・吉野川の事例がとりあげられた。「緑のダム」である。事ある毎にその言葉が飛び出し、今、この研究がダム代替案として最も注目されていることを実感する。
 吉野川のプロジェクトはあらゆる面でパイオニア的存在である。吉野川の活動が、自然環境問題に関して重要な方向性を示唆していることを再認識。

 浜松の街から彼方に、雪を頂いたアルプスの山々が連なっていた。 

 モチベーションも新たに、元気をもらって徳島に帰る。

広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

徳島が熱い! への1件のフィードバック

  1. Johnny より:

    水郷水都全国会議お疲れさんでした。いい刺激を受けたようだね。モチベーションを持続し、さらに高め、これからも頑張っていこう!が、時にはのんびりも必要だ!昨日、久しぶりに眉山に登り、雄大な吉野川を見ていたのだ。4人で登った時のことを思い出しながら…(笑)東環状大橋の工事が着々と進んでいた。いい夕日だった。そして、それを眺めていた老夫婦がすてきだった。ああいう風になりたいものだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中